MEDLEY DRIVE

医療ヘルスケア分野の未来を共創する

医療ヘルスケア分野における
技術のオープン化および情報活用を推進する

医療ITの世界は、医療情報システムの技術の規格が様々であったり、ローカルネットワークを活用した院内システムが主流であることから、インターネットテクノロジーの活用が困難であり、結果として医療業界全体がテクノロジーの進化の恩恵を受けづらくなっています。

この現状をふまえ「MEDLEY DRIVE」では、個々の企業に対する技術面や資金面などの支援を通じて、医療情報システムの世界をオープンにし、インターネットテクノロジーを活用しやすくする土壌をつくっていきます。また、これまで医療分野で長きにわたり事業を展開してきた企業に対しても、インターネットテクノロジーを活用した新たな課題解決に挑戦できるよう支援していきます。

この取り組みを通じて、医療ヘルスケア領域における情報の標準化をさらに加速させ、個別医療機関に限らず地域医療全体で適切に情報が活用されるような世界をつくり、医療従事者が診療によりいっそう専念できる環境を実現すること、ひいては患者にとって「納得できる医療」が実現されることを目指します。

TARGET

出資による資金面でのサポートのみならず、当社に在籍する様々な領域のプロフェッショナルたちによるプロダクト開発支援や、当社顧客基盤を用いたマーケティング支援、ガバナンス体制支援を実施します。

MESSAGE

医療分野におけるインターネットの活用は、2010年2月の厚生労働省の通達をもとに、診療録等の保管場所がクラウド上に広がったことより始まりました。その後関連ガイドラインの改訂を経て、今では電子カルテのみならず、オンライン診療システムなど様々なインターネットサービスが現場で活用されるようになりつつあります。

しかしながら、技術の規格が様々であったり、ローカルネットワークを活用した院内システムが主流であることから、インターネットテクノロジーの活用が困難であり、結果として医療業界全体がテクノロジーの進化の恩恵を受けづらくなっています。

この現状をふまえ、本プロジェクトでは、個々の企業に対する技術面や資金面などの支援を通じて、医療情報システムの世界をオープンにし、インターネットテクノロジーを活用しやすくする土壌をつくっていきます。また、これまで医療分野で長きにわたり事業を展開してきた企業に対しても、インターネットテクノロジーを活用した新たな課題解決に挑戦できるよう支援していきます。

この取り組みを通して、医療の世界にインターネットテクノロジーの力が浸透することを願っています。

取締役 CTO

SUPPORTER

サポートする様々な領域のプロフェッショナルたち

RECRUIT

医療の課題を解決することに、共に挑戦するエンジニア・デザイナーの応募をお待ちしております

DESIGN & ENGINEERING